自ら死を選んではいけない

スポンサーリンク


 

生きていくのが辛い

生活できない

うつ状態で苦しい

心がずたずたになってしまった

 

そんな時、人は孤独に悩み、

自殺を考えてしまうこともあります。

 

本当につらくて、自分を消したい

自分の存在を無くしてしまいたい

自分さえいなければ他の人が幸せになる

 

そんなふうに自分を追いつめてしまいます。

 

ひとりで考えないで、相談してみましょう。

 

 

飛び込み自殺や飛び降り自殺は、

絶対にやってはいけません。

 

自分が死ねば、保険金が下りて家族が助かる

そう誤解してはいけません。

 

交通機関を止めてしまうと、

後から遺族に何千万円という

請求が来ることもあるんです。

 

あなたが死を選んだことで、

家族が大変なことになるかもしれません。

 

 

 

人は生まれた時、使命を持たされます。

 

どんな人生を歩むかは、魂とあなたの心が

一致した時に道が前にできてきます。

 

ですから、どんな人生を歩むにしても、

一生懸命努力して、誠実に生きましょう。

 

使命とは、命を使い果たすことです。

 

命を使い果たさずに、自分で命を絶つことも

命を使い果たすまで、

一生懸命ではないことも、

宇宙は良しとしていないのです。

 

あなたが自殺をすれば、魂は傷つき、

次にその魂を受け取る人、

あなたの子や孫にダメージを与えます。

 

 

 

動物を見てください。

 

敵に襲われても最後の最後まで、

生きることを諦めることはありません。

 

病気になって、もう余命が少ないと知っても、

まだずっと生きる気持ちや希望を描いて、

一生懸命生きよう、良くなろうとすることを

宇宙はあなたに求めています。

 

癌で自分が死ぬことや死んだ時の家族のことを

考え続けると、あなたが考えた状態が、

宣告された余命より早く引き寄せられることを

覚えておいてください。

 

 

人は何のために生きるか、という選択を

生まれた時に求められていません。

 

どう生きるか、という選択を与えられています。

 

あなたがどれだけ一生懸命、

どう生きるかで、

何のために生きるのか

魂が決めてきたその道が

初めて、あなたにも見えてきます。

 



 

どう生きるか、それは

あなたが選択し決めなければなりません。

 

進学する学校を選んだのも、今いる会社を選んだのも、

結婚相手や住む場所を選んだのも自分の選択です。

 

どうしても嫌なら、例え他の何を失っても、

その選択を蹴ることができたのです。

 

親との関係、家族からの依頼、経済事情、

それを自分で解決できなくて、

やむなく選んだにしても

自分の選択の結果が今のあなたの状態です。

 

人のせいにはできないのです。

言い訳は、宇宙では通用しません。

 

 

 

そこから抜け出したいなら、

死を選ぶのではなく、自分にできることが

何かあるんじゃないか、

何か残っているんじゃないか

という希望を持って、一歩前に進みましょう。

 

ご相談は無料です。

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません